幼稚園の日記

かかみがはら幼稚園の各クラスの 最近の様子をご紹介しています!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年長キャンプ (お泊保育)

シュタイナーの小窓より・・・・(クラスの先生によるお便りコーナー)
 
年長キャンプ(お泊保育)が
       ・・・終わってしまいましたね??

泊まらない!と断言していた子
          早く泊まりたい!とワクワクしていた子・・・

様々でしたが年長さんがそろってお泊りする事が出来ました。
日中は夏らしい晴天、夜は打って変わって 涼しく天候に恵まれました。

タイムカプセル⇒
      プール⇒
         スイカ割り⇒
           夕食作り⇒夕食⇒
             キャンプファイヤー⇒
                      花火⇒就寝 
IMG_3087s640400.jpg


 初日のスイカ割り・・目隠しをして竹の棒を持ち
「こっち、こっち!」「がんばれ!!」という声援に後押しされて、
振り下ろした棒に当てることが出来たAクン、目隠しをとってスイカにヒビが入っているのを見て大興奮でした。

 夕食つくりでは包丁を1人ずつ使って大根を切ったり、おにぎり作りをしました。丸いおにぎりが多い中「三角おにぎり難しいー」と三角おむすびつくりに奮闘していたBちゃん。包丁使いも慣れているようで♪トントンと素早く切ってくれて、まるでお母さんみたいでしたよ。

IMG_3128s640.jpg  IMG_3354s640.jpg


 不安になる子もいる就寝準備。お布団を引いてパジャマに着替えていきます。
順に布団をならべていくと「○○クンと○○ちゃんと一緒に寝るわ!!」とズルズルと布団をひっぱってきて早速敷き始めてくれたのはDクン。
 いつも使っている遊戯室で皆で並んで眠ることは本当に特別な体験なんですよね。
皆、元気に登園してくれて、そして笑顔で降園してくれる事。当たり前な事なのですが、私たちもうれしくて、そしてホット安心しました。皆とっても成長していましたよ。

ご心配もあったと思いますが、子どもたちを送り出してくださった

                保護者の方々、ありがとうございました。
スポンサーサイト

保育参加

保育参加された保護者様からの・・・お便り

 保育参加 ありがとうございました。楽しかったです。

 朝から○○もウキウキで虫かごを持って出かけようとしていたのに 
    
        「やっぱ今日はやめよ」 と言うので

        「いいよ、持っていって」 と言うと

        「だってロッカーにママの荷物入らんもん」

    と愛らしい発言 

     朝からホットな気分になりました。

DSCF9649S.jpg



参加してみて


 ごはんの準備やトイレの際「待つ、座って」という習慣が身についていて

その間とても流れがスムーズなので待つことが全く長く感じられなくて、心地よく印象的でした。

 みんな可愛くて、ほのぼのとした、ゆったり時間が過ぎていきました。


 ○○が離れる際、泣かなかったのもうれしかったです。


 あと最近ナフキンに食べこぼしのシミがなかったので、少し見ていましたが

上手に箸で食べるのを見られたのも収穫でした。

 そして、時々私にくっつきながらも時々、♪幼児の祈り♪が聞こえてきて

普段はもう少し参加しているかナと良い方向に想像していました。


 昨日、心身共にダメージを受けるような少し落ち込む事があったのですが

     タイミング良く、今日の保育参加で本当にパワーをもらいました。


やっぱりこの教育はすごい!!!と思います。ありがとうございました。

七夕祭り

7月7日・・七夕祭り・・が行われました。

当日まで五色の短冊に思いを込めて描いたり

飾りを作ったり、それを飾りつけたり

ワクワク心待ちにしていた子どもたち。

DSCF9597SS.jpg 

 7月7日の朝、先生が浴衣姿で現れると「ワーッ」「可愛いい」

と驚きや喜びの声があがりました。

=七夕のお話=を毎日楽しんで来ましたが

七夕の日は全クラス合同で劇遊びやライゲンを行いました。

和やかな会の中でニコニコ笑顔の子どもたち

最後に先生たちからキンダ―ハープの演奏がありました

遊戯室は自然と静まり-シーン-。

DSCF9589SS.jpg


子どもたちは耳を大きくして聴き入っている

・・・そんな姿がとても印象的でした。

『めぐる季節のテーブルを・・・』

あるクラスのシュタイナーの小窓より・・・・先生によるクラス便り

生活のリズムをつくることを考える上で1日1週間という大きな時間の流れを、楽しみながら、わが家ならではのリズムを作っていきたいものです。
園では各お部屋、廊下、玄関などに年間を通して‘季節のテーブル’とよばれるディスプレイコーナーを設けています。ここでは春夏秋冬を表現し四季の移り変わり、自然のめぐりを子どもたちが、身近に感じられるように構成しています。子どもたちが理屈で無く感覚で四季の違いをイメージし感じられるよう工夫してあげたいものです。また季節を一過性のものととらえず。移り変わる四季のつながり、繰り返しめぐるという時間の認識も自然に育んでいけるといいですね。

☆夏の季節のテーブルの紹介 (お部屋の入り口などを飾ってみてください。)

DSCF0005S.jpg


水色の布を敷きます。その布の上にお日様をイメージした黄色の布を広げてみてください。どうですか夏らしいですよ。そこに季節のお花をかざり、まわりは子どもたちと拾ってきた貝殻や七夕かざり、笹などもかざるといいかもしれません。太陽の日差しが一番輝いているイメージから夏の色は光の色。季節の色々な話を楽しんでみて下さいね。

引用・・・『今日からできる7才からのシュタイナー教育』

FC2Ad