幼稚園の日記

かかみがはら幼稚園の各クラスの 最近の様子をご紹介しています!

おひなまつり会

 今年は5クラス合同のおひなまつり会を行いました。
「春のメドレー」と「桃太郎」を演じます。
春のメドレーでは小人が登場して♪春ですよー♪とお知らせ。
その後に熊や子リス、小鳥、カエルが目を覚まします。
いつも遊んでいる布がリスの耳になったり小鳥の羽になり
その分1枚つけてグロッケンやマラカスの音がするだけでもう子どもたちは
その世界に入り込んで役になりきってくれます。 
 
P1020597.jpg 

  カエル役の子は首をグーンとのばしてゲロゲロゲロ、リスさんは“カリカリカリ”と・・・胡桃を食べる様子。熊はノッシノッシと重たく登場して「フワァ~」と大あくび。どの子もとても可愛らしく周りで見て下さっている保護者さんの顔も思わずほころんでいました。その後に「桃太郎」の劇は、桃太郎、おじいさん、おばあさん、犬、さる、キジの役の他に、川の役、海の役、トンビの役と皆で劇を創り上げてゆきます。
ところで各務原幼稚園では誰が○○の役と固定して練習をすることはありません。毎日行われるメルヘンの時間に一人一人が全ての役になれる様に配慮していきます。

「昨日は犬役だったけど・・・今日はおばあさんやりたいナァ」と子どもたちも役が順番にまわってくるのを理解し期待をもって望みます。とても自然な形でメルヘンの世界に入りナレーションやセリフも全部覚えて口ずさんでいる姿も多く見られるのです。 

P1020602.jpg 
  
『見せる』ことよりも子どもたちのメルヘンの世界を大切にし、桃太郎だからカッコイイのではなく すべての役で1つの物語が成立している事も学んでいる様です。プレッシャーを感じる事なく、いつも、いつも楽しんで行える様、保育者も心から楽しんで行っています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad