幼稚園の日記

かかみがはら幼稚園の各クラスの 最近の様子をご紹介しています!

“子どもの日”のお祝い会

今日は子どもの日のお祝い会 

☆☆ ちまき作り
午前中に蒸した状態のおもちを子どもたちが
それぞれ滴(しずく)のような円錐の形にします。
 『ベタベタして丸めれない』の声に
「お水をつけてみて、やってごらん」と先生
お水を・・つけて・・・つけて・・・つけて・・・ 
ベトベト、ベタベタ、ベトベト、ベタベタに苦戦しながらも
おいしい滴(しずく)形になりました。
そして『出来た!!』と満足そうな顔!
本当に頑張りましたよ。

DSCF806s.jpg

IMG_3666.jpg
☆☆おすもう大会では

午後からは‘おすもう大会’土俵がわりのマットのまわりをぐるりと皆が囲み
去年は恥ずかしくて出られなかった子も
「○○やま―」と名前を呼ばれて
恥ずかしそうだけど、それでも今年は出てきてくれました。

応援団の勢いも素晴らしく
“ハッケヨーイ のこった”の合図で一生懸命を手をたたきながら応援
“がんばれ、がんばれ!!”
その時、ある年少の女の子は
「先生痛い!」
『どこが?』
「手が・・」
なんと応援しすぎて手が痛くなってしまった様子でした。

躊躇してマット(土俵)に乗れない年少さんに先生が
「○○ちゃんピョンピョンうさぎさんでどうぞ」と言うと
ピョン、ピョン、ピョンとマットに乗ってきました。
そして、またピョン、ピョン、ピョン
お相手の年少さんも驚きながらもピョン、ピョン、ピョン
二人ともピョン、ピョン、ピョン
いつのまにかピョン、ピョン、ピョン
応援のみんなも、“がんばれ、がんばれ”から
“ピョン、ピョン、ピョン”の大合唱
脇で見ていた他のクラスの子はケゲンそうな顔ですが・・
とても盛り上がった “おすもう大会”でした。

このお祝い会までに新聞紙で兜(かぶと)を作るのですが、年長の男の子はおうちでいくつも作ってきて「先生ほら」と嬉しそうに見せてくれる毎日。年中の女の子は小さな先生になって、とても上手に年少さんに教えてくれていました。
それぞれ楽しんだ子どもの日お祝い会。また日々の成長を実感しました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad