幼稚園の日記

かかみがはら幼稚園の各クラスの 最近の様子をご紹介しています!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『めぐる季節のテーブルを・・・』

あるクラスのシュタイナーの小窓より・・・・先生によるクラス便り

生活のリズムをつくることを考える上で1日1週間という大きな時間の流れを、楽しみながら、わが家ならではのリズムを作っていきたいものです。
園では各お部屋、廊下、玄関などに年間を通して‘季節のテーブル’とよばれるディスプレイコーナーを設けています。ここでは春夏秋冬を表現し四季の移り変わり、自然のめぐりを子どもたちが、身近に感じられるように構成しています。子どもたちが理屈で無く感覚で四季の違いをイメージし感じられるよう工夫してあげたいものです。また季節を一過性のものととらえず。移り変わる四季のつながり、繰り返しめぐるという時間の認識も自然に育んでいけるといいですね。

☆夏の季節のテーブルの紹介 (お部屋の入り口などを飾ってみてください。)

DSCF0005S.jpg


水色の布を敷きます。その布の上にお日様をイメージした黄色の布を広げてみてください。どうですか夏らしいですよ。そこに季節のお花をかざり、まわりは子どもたちと拾ってきた貝殻や七夕かざり、笹などもかざるといいかもしれません。太陽の日差しが一番輝いているイメージから夏の色は光の色。季節の色々な話を楽しんでみて下さいね。

引用・・・『今日からできる7才からのシュタイナー教育』
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad