幼稚園の日記

かかみがはら幼稚園の各クラスの 最近の様子をご紹介しています!

そら組①

先月3月の末に、幼稚園でクラス交流会を行いました。
無事卒園式を終えた子どもたち・保護者の皆さんに改めてお集まりいただき、お部屋遊びに加え、「この一年間でのお子様の成長した姿・嬉しかった姿」のお話を聴くことが出来ました。

●年少さん  

・入園したばかりの頃はよく泣いていたが、大きい組さんに優しくしてもらったり・一緒に遊んでもらえ、それを頼りに元気に通えるようになりました。
・行事で、毎回親との離れ際に泣いていたのが、ひな祭り会では涙をこらえて皆と退場できた。成長が嬉しかったです。
・年上の子に可愛がってもらう安心感があった様で、人見知りだったのに近所の公園などで会う子等に自分から声をかけ遊べるようになりました。
        
●年中さん  

・去年は上の子と一緒に通っていて、今年から一人で心配もしたが、お友だちと関わり楽しく過ごせていた。
・お友だちとの関わりがぐんと増え、遊びも広がったようです。
・登園する身支度・給食の準備等自分で行えるようになってきました。

●年長さん
 
・進級の喜びや大きい組さんである自覚が芽生えてきて、小さい子に優しくする姿が増えてきて嬉しいです。
・園でのお手伝いや小さなお友だちのお世話が、習慣になり、家でもよくお手伝いをしてくれる。「お手伝いをさせてくれてありがとう」と息子が言ったので、人のために何かできるって素敵だなと思いました。
・卒園式を終えた娘が「卒園式ってあんなに寂しいものなんだね…」お友だちとのお別れをしみじみ感じているようだった。精神的な成長がかんじられました。

_MG_1782.jpg
         
・・・と、素敵なエピソード・子どもたちの成長をクラス全体で感じることが出来、私自身も温かい気持ちになりました。子ども達は日々変化し成長していますが、日々の忙しさなどで私たち大人が、その変化になかなか気づいてあげられない時もあるかと思います。

このように、改めて子どもたちの成長した姿を見つめる時間があると、「もう少し子どもたちとの時間を作ろう」「たくさんスキンシップして抱きしめてあげたい」とより愛おしさが感じられますね!

今日の交流会は、子ども達も今の年長さんと遊べる最後の日という事で楽しみにやって来てくれました。
保護者の方同士でも、子どもたちの遊ぶ様子を温かく見守りながら、お話ししたり・子どもたちと触れ合ったりして、交流を楽しんで頂けたようでよかったです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad